« 日本産ハナアブ科に関連する文献 | トップページ | 標本箱再び値上げ »

2008年3月27日 (木)

日本産ハナアブ科に関連する文献 2

LASKA P., PEREZ-BANON C., MAZANEK L., ROJO S., STAHLS G., MARCOS-GARCIA M.A., BICIK V. & DUSEK J., 2006. Taxonomy of the genera Scaeva, Simosyrphus and Ischiodon (Diptera: Syrphidae): Descriptions of immature stages and status of taxa. Eur. J. Entomol. 103(3): 637–655.

幼虫形態やDNA解析による近縁属の解析.

Scaeva属を2亜属を分け,Scaeva pyrastri Scaeva亜属とした.

極東ロシア~日本に産するScaeva komabensisには言及していないが,Dusek & Laska(1985)は腹部の黄色斑が斜行しない種類をS. selenitica group(= Subgenus Semiscaeva)としているので,Semiscaeva亜属になると思われる.

また,近縁のIschiodon属をSimosyrphus属のシノニムとした.


« 日本産ハナアブ科に関連する文献 | トップページ | 標本箱再び値上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175785/40626539

この記事へのトラックバック一覧です: 日本産ハナアブ科に関連する文献 2:

« 日本産ハナアブ科に関連する文献 | トップページ | 標本箱再び値上げ »