« 標本発送とYahooゆうパック | トップページ | 双翅目談話会総会 »

2008年3月23日 (日)

free PDF

近年では,ネット上で読める文献が増えてきました.

しかし,どの文献がネットで読めるかは以外と判りません.

これも,ブログにメモを書いていきます.

利尻研究 Rishiri Studies (2003年以降)

http://web.mac.com/rishiri/NHRrs/Top.html

European Journal of Entomology(一部)

http://www.eje.cz/scripts/content.php


« 標本発送とYahooゆうパック | トップページ | 双翅目談話会総会 »

コメント

なんと、

Comptes rendus hebdomadaires des séances de l'Académie des sciences

の1835~1930年のコンテンツが

http://math-doc.ujf-grenoble.fr/RBSM/cr-gallica.html

で利用できるようになっていますね。おかげでKeilin(1912)Structure du pharynx en fonction du régime chez les larves de Diptères cyclorhaphesが入手できました。

フランス語は全然できないんで斜め読みですが、なんとMicrodonの幼虫には、Syrphusと違ってEristalisと同様の腐食性に特有の咽頭構造が存在するのだそうです。やはりアリの幼虫を与えても忌避して全く食べようとしない種類があるという観察例は、十分根拠がありそうです。

参考までにKeilinが咽頭構造を検証しているハナアブ科を挙げておきますと、

腐食性の咽頭構造をしているもの:Eristalis, Helophilus, Microdon, Xylota pigra, Ceria conopsoides (Ceriana conopsoides?)

肉食性の咽頭構造をしているもの:Syrphus ribesii, S. balteatus ,S. luniger, Platychirus scutatus (Platycheirus scutatus?), Melanostoma sp., Sphaerophoria flaviconda (Sphaerophoria flavicauda?), Paragus tibialis

となります。当時は手書き原稿を写植していたせいでしょうか、学名の誤植が目立ちます。ガビアルやトウキョウトガリネズミの故事はむべなるかな・・・

投稿: ウミユスリカ | 2008年3月26日 (水) 19時32分

ウミユスリカ様,先日は大変お世話になりました.

面白そうな論文ですね.
後でゆっくり見てみます.

では,また.

投稿: 市毛 | 2008年3月26日 (水) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175785/40543831

この記事へのトラックバック一覧です: free PDF:

« 標本発送とYahooゆうパック | トップページ | 双翅目談話会総会 »