« 花粉症. | トップページ | 服喪休暇 »

2008年2月29日 (金)

新種のミギワバエ

先日,一通の別刷りが届いた.

昨年亡くなった,神奈川の脇氏が採集したミギワバエの1種で,Eremomusca wakiiの原記載である.

Revison of the Shore-fly Genus Eremomusca Mathis (Diptera, Ephydridae) with description on a new species from Japan. Proc. Ent. Soc. Wash. 110(1):67-78

Eremomusca属は,イスラエルと日本に各1種しか分布しないという,変わった分布をしている.

日本では,原産地の神奈川と,静岡桶川,千葉県一宮に分布している.おそらく,丹念に探せば茨城などでも見つかるのではないかと思われる.

脇氏は,徹底的に採集し,その大半をきれいに標本にするという,極めて几帳面な性格であった.

徹底的な採集というと,きれいな昆虫であれば反発されるかもしれないが,真っ黒で誰も見向きのしない

したがって,小型の双翅目であるミギワバエ科も,丁寧に翅を揃えて台紙張り標本としていたのを何度も見ている.当然,今回の新種(体長1.3-1.95mm)も,きれいに整理されているものと予想はしていた.

それでも,今回のParatype(副模式標本)が218♂232♀という数には驚かされた.(数えたほうも,よく数えたものだ(^_^;)


« 花粉症. | トップページ | 服喪休暇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175785/40265061

この記事へのトラックバック一覧です: 新種のミギワバエ:

« 花粉症. | トップページ | 服喪休暇 »