« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

新種のミギワバエ

先日,一通の別刷りが届いた.

昨年亡くなった,神奈川の脇氏が採集したミギワバエの1種で,Eremomusca wakiiの原記載である.

Revison of the Shore-fly Genus Eremomusca Mathis (Diptera, Ephydridae) with description on a new species from Japan. Proc. Ent. Soc. Wash. 110(1):67-78

Eremomusca属は,イスラエルと日本に各1種しか分布しないという,変わった分布をしている.

日本では,原産地の神奈川と,静岡桶川,千葉県一宮に分布している.おそらく,丹念に探せば茨城などでも見つかるのではないかと思われる.

脇氏は,徹底的に採集し,その大半をきれいに標本にするという,極めて几帳面な性格であった.

徹底的な採集というと,きれいな昆虫であれば反発されるかもしれないが,真っ黒で誰も見向きのしない

したがって,小型の双翅目であるミギワバエ科も,丁寧に翅を揃えて台紙張り標本としていたのを何度も見ている.当然,今回の新種(体長1.3-1.95mm)も,きれいに整理されているものと予想はしていた.

それでも,今回のParatype(副模式標本)が218♂232♀という数には驚かされた.(数えたほうも,よく数えたものだ(^_^;)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

花粉症.

今年も,花粉に悩まされる時期が到来した.

ここ数日,多量にスギ花粉が舞っているらしく,薬を追加してもらった.

私の場合,スギよりもヒノキの花粉に過敏に反応する.

そのうえ,マツの花粉にも反応してしまうのだが,勤務先が海沿いのため困っている.

車を洗っても,翌日にはまっ黄色になってしまう(^_^;)

| コメント (1) | トラックバック (10)

2008年2月27日 (水)

極東の昆虫の検索再版?

久々に,ネットで海外の書店をチェックしたところ,極東の昆虫の検索 6(1) 双翅目 が再版されているようであった.

Keys to the Insects of the Far East of Russia, Vol. 6, Part 1: Diptera and Siphonaptera

Edited by PA Ler  665 pages 

価格は,NHBSが£78.00(EURO105),出版元のPensoftはEURO 57となっている.

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

海外専門書に弱いAmazon.com

郵送料がかからないため,時折Amazonに昆虫関連の洋書を頼むことがある.

ところが,在庫が無い書籍の場合,2冊に1冊の割合で,下記のようなメールが届く.

ご注文時に予定して おりました発送予定日となっておりますが、まだ下記の商品の調達が
できておりませ ん。

お待たせしており誠に申し訳ございませんが、継続して商品の調達を行いますので、
今しばらく時間の猶予をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。これに伴
い現時点において目処となる発送予定日に変更させていただいております。
なお、この先どうしても調達ができないと判明するまで、商品の調達ができるよう尽
力いたしますが、調達不能な場合についてはその時点で誠に残念ですがキャンセルを
させたいただくこともございます。あらかじめご了承いただけますよう、よろしくお
願いいたします。

またお待ちいただく時間の猶予がいただけない場合、現時点でこのご注文をキャンセ
ルいただくこともできます。当サイトの規約により、商品の代金は発送時に請求させ
ていただくため、現時点でこの商品に関するお客様へのご請求は行われておりません。
ご注文商品のキャンセル方法につきましては、以下のURLから「ヘルプデスク」にリ
ンクしてご覧いただくことができます。

入荷の見込みが無いと,注文から1ヶ月以上経って連絡してくることに,腹立たしく感じた.前回頼んだ洋書も,同様の経過であったので,さらに腹が立つ.

ネットで調べると結構トラブルもあるようだ.

Amazonは,安いがトラブルの確率が高いと,割り切って使うしかないようだ.

P.S. 国内の書籍では,在庫が無い場合でも結構届きます.

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

中国ハナアブ図鑑

先日,昨年発行された中国陝西省のハナアブの図鑑が届いた.

Fauna of Syrphidae from Mt. Qinling-Bashan in China (Insect: Diptera)

秦巴山区蚜蝇区系分类(昆虫纲:双翅目)

512頁に及ぶ大作であるが,中国全土の広さを考えると,極一部が図鑑化されたに過ぎない.

一昔前は,中国の新種記載は低レベルと評されたが,今ではかなりレベルが上がってきている.

今回の本でも,多数の新種の交尾器が図示されており,かなり役に立ちそうな図鑑である.

Syrphidae_qinling001

残念ながら,日本では双翅目研究者が激減しているので,中国に追い越されそうである.

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

新訂 原色昆虫大図鑑III

先月末に,北隆館の原色昆虫大図鑑IIIが新訂版となって出版されたようである.

残念ながら,私は資金難で購入していないし,田舎では書店にも並んでいないので内容がよく判らない.(立ち読みするために,市内で最も大きい書店に何度か足を運んだが,展示していなかった)

実は,この図鑑のハナアブ科については,私の所属する会に執筆の打診があった.

しかし,図版の入替や追加は不可で,説明も初版のスペースに収めるという内容であったので,引き受けなかった.

そのため,別の研究者が引き受けたようであった.

うわさでは,図版が初版をカラーコピーしたもので,多数の標本が黒い虫状態で,見るに耐えないそうである.

一部当初の説明とは異なり,双翅目の一部のグループは,新たに図版を作成し,解説に多数の頁を費やしているそうである.

ところで,この図鑑を見た人から,私の元にいくつかのハナアブ科の問い合わせが届いている.

主に,私のHPなどと図鑑との,学名などの違いや,分布の問題であり,見解の相違というべきものであるが,最近の文献を見逃している部分もいくつかあるような気もする.

一例としては,ニセキアシマメヒラタアブ「Paragus tibialisは日本に分布していない」と書かれているそうである.

しかし,明らかに交尾器形状の異なるキアシマメヒラタアブ類が日本に2種分布しているのは間違いなく,手元にある八重山産の標本の交尾器は,本土産と全く異なっている.

八重山産の標本の交尾器は,2007年に発行されたSorokina&Chengによる New species and new distributional records of the genus Paragus Latreille from China.にParagus politus Widemanとして図示された交尾器に酷似しているのは判っているので,そのうち調べたいと考えている.

そのほかの点についても,追って「はなあぶ」紙上で解説したいと考えている.

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

新型顕微鏡アダプタ

以前から,顕微鏡撮影用のカメラを新しくしようと思い色々と物色したが,どの顕微鏡アダプタも短所が目立ち,購入に踏み切れなかった.

結局,依然同様自家製アダプタを作ってしまった.

E330adapt01

顕微鏡の接眼レンズを,複数のステップアップリングやステップダウンリングを組み合わせて,リバースアダプタに接続した.

E330adapt02

E330adapt03

結局,25000円ほどで作成したが,周辺減光がやや気になる.

| コメント (1) | トラックバック (1)

2008年2月14日 (木)

虫こぶのHP

URLメモ

北海道の虫えい(虫こぶ)図鑑

http://www.galls.coo.net/index2.html

実は,ハナアブ科の幼虫がゴール(虫えい)の中から見つかる場合が時折ある.

ヨーロッパなどでは,アブラムシ食いのハナアブの幼虫が,アブラムシのコロニーであるゴールの中に長期間留まることが知られている.

穿孔する能力を持たないので,半閉鎖的なコロニーにしか入れないが,ゴール以外では滅多に幼虫が見つからない種類もあるようである.

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

あまりにも価格設定が高いカタログ

先月,Pensoftから下記の本を購入した.

Flies (Diptera), Family Syrphidae, 1: The species-group taxa described by A.A. Stackelberg, Catalogue of the types in the collection of the Zoological Institute of the Russian Academy of Sciences, No. 6

Hdb, 28pp. Price EURO 26

ページ数の割りにあまりにも高額だったが,Hardbackと書かれていたので,写真でも載っていればと思ったが,予想通りに外れだった;^_^).

この本の場合は,HdbはHandbookを省略したのかもしれない(^_^;).

(他の本は,間違いなくHardback 堅表紙の本でした.)

極めつけは,INVOICEに同封されてきたパンフレットが総計40頁と,購入した本よりページ数が多かったことです(^^♪   

しかも,INVOICEが書留で,荷物が普通郵便でした(~_~;)

どうなってんですかね;^_^)

| コメント (0) | トラックバック (0)

祝70000カウント

忙しくて,自分のHPをしばらく見ていないうちに,70000カウントを越えていました.

\(^o^)/バンザーイ

あと少しと思いつつ,1週間ぐらいで100カウントぐらい増えていました.

皆様,ありがとうございました.<m(__)m>

今後もよろしくお願い致します(^.^)/~~~

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »