« 図鑑(II) | トップページ | タイプ標本 »

2007年10月 6日 (土)

英語II

 前回も書いたように,私は殆ど英語が出来ない.

 

 また,近隣のロシアなどの非英語圏の研究者も英語が苦手な方が多いようだ.

 先日も,非英語圏の研究者から短いメールが届いたのだが,スペルが異なっているようで,意味が通らない.

スペルチェッカーで調べてみたが,1箇所何を尋ねているのか全く不明であった.

ふと気がついたのが,qと書かれている文字をgにすると意味が通った!

そんな調子であるから,ロシアの研究者と共著で書こうとした新種記載は,意見の食い違いと意思疎通の食い違いで頓挫してしまっている.

早く,英語に堪能な師匠がハナアブに復帰してくれると良いのだが・・・・・・・


« 図鑑(II) | トップページ | タイプ標本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175785/16659468

この記事へのトラックバック一覧です: 英語II:

« 図鑑(II) | トップページ | タイプ標本 »