« 続・黄色粘着トラップ | トップページ | 標本乾燥 »

2007年5月28日 (月)

湿気との戦い

通常、2階の部屋が湿気が少ないため標本を保管するのに適している。

我が家の場合、長年2階の子供部屋を使用していたが、子供が大きくなったので譲り渡して1階に移らざるおえなかった。

玄関脇の和室を洋室にリフォームしたが、湿気が多いのが難点であった。

エアコンを除湿モードで連続運転してみたが、意外と湿気が下がらない。

昔、梅雨時の衣類乾燥に使っていた除湿器を引っ張り出して使用したところ、常に20%前後に保つことができることが判明した。

除湿器の連続運転で難点なのが排水である。

除湿能力がそんなに強くない古い除湿機だが、雨の日は半日も運転すると排水タンクが一杯になって止まってしまう。

連続排水用にホースを考えてみたが、部屋の外へ穴を開けなければならない。
排水用のホースも外径が22mm前後と非常に太い。

ホームセンターを何度かうろうろしたところ、散水用スリムホースを見つけ、無理やり接続してみたところ、何とか排水の目処がついた。

その後、床下にもぐって位置を確認してから穴を開け、排水ホースを床下換気口を通して室外へ引き出すように設置した。

Photo_14

これで、ある程度は湿気が防げるであろう。

理想としては、勤め先の顕微鏡室のように、部屋のドアも2重にしたい。


« 続・黄色粘着トラップ | トップページ | 標本乾燥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175785/15229869

この記事へのトラックバック一覧です: 湿気との戦い:

« 続・黄色粘着トラップ | トップページ | 標本乾燥 »