« 採集道具 | トップページ | ヤナギの花を追って »

2007年5月14日 (月)

札幌の昆虫

ブログ脇にも紹介してますが、現在市販されている図鑑のなかで最も多数のハナアブ科を収録した図鑑は「札幌の昆虫」です。

北海道を中心とした図鑑ですが、著者の木野田氏がハナアブ好きということもあり、これでもかというほど色々な種類を載せています。

小型化するために、図版に学名が書かれていない難点がありますが、非常にきれいな写真です。

Photo_7

従来の北隆館原色昆虫大図鑑では約120種収録されていましたが、この図鑑は殆どの種類で♂♀の写真を載せているので、約150種計300枚近いハナアブ科の写真が載っています。

原色昆虫大図鑑は出版から半世紀近く経っているため、学名・和名など変更が多数あり、現在ではあまり参考しづらい状況です。(属の変更を含めた学名の変更が約60種と図鑑の大半を占めています)

P.S. 著者の木野田氏も双翅目談話会の会員です。ハナアブに興味ある方は是非入会して下さい。年会費3000で、200ページを超える会誌が購読出来ます。


« 採集道具 | トップページ | ヤナギの花を追って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175785/15064305

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌の昆虫:

« 採集道具 | トップページ | ヤナギの花を追って »