« カエデとハナアブ | トップページ | 激戦 »

2007年4月16日 (月)

キタヒメヒラタアブとホソヒメヒラタアブ

よく見かけるハナアブに、キタヒメヒラタアブとホソヒメヒラタアブがいる。

一般的に交尾器で識別するが、大きいのがキタヒメヒラタアブで小さいのがホソヒメヒラタアブという見方もある。確かに、7mm前後で2つの種類が分かれるようである。

Ol162078m

左が体長8mmのキタヒメヒラタアブSphaerophoria philanthus 、右が体長7mmホソヒメヒラタアブS. macrogaster である。

標本箱の中から、もっとも近い大きさの個体を探してみたが、意外と大きさが分かれている。

逆に、体長8mmのホソヒメヒラタアブや、体長が7mmに満たないキタヒメヒラタアブを見てみたいものである。


« カエデとハナアブ | トップページ | 激戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175785/14706634

この記事へのトラックバック一覧です: キタヒメヒラタアブとホソヒメヒラタアブ:

« カエデとハナアブ | トップページ | 激戦 »