« キタヒメヒラタアブとホソヒメヒラタアブ | トップページ | 地図の悩み »

2007年4月23日 (月)

激戦

昨年採集したオビヒラタアブ不明種の追加個体を採集するために、山に行ってきました。

P1040341

1000mを超える山頂は冬状態。数日前に雪が降ったそうです。

こんな中で飛ぶのかという不安がありましたが、風が弱まると時々ホバリングする個体があり、ほくそ笑んでしまいます。

ホバリングをした時間は10:30~14:00でしたが、朝の天気も悪かったのでもう少し早くから飛ぶかもしれません。高度は約4mぐらい。ネットを向けると6m位まで逃げます;^_^)

恐らく、早春or晩冬?に発生する種類だったので今まで採集例が無かったのかもしれません。

風がやや強い中、元気にホバリングしてくれるので、スイープすると柄が目一杯しなります。

しばらくすると、予想通りスイープ中にすごい音を立てて柄が折れてしまいました。予備の柄に替えましたが、これも1時間ほどであえなくダウン。

奄美に出かけて、4日中3日雨に降られたのと比べると、まだましだと思います。

Ol212114m

展翅したオビヒラタアブの1種です。

ウスグロオビヒラタアブに似ていますが、斑紋が黄色味を帯びています。

最初に採った時は、クロヒラタアブと思っていました。翅を閉じた状態ではオビヒラタアブとは思えません。

上の2頭は、山のふもとで採集したカオグロオビホソヒラタアブ、かなりサイズが異なり思わず別種かと思いました。


« キタヒメヒラタアブとホソヒメヒラタアブ | トップページ | 地図の悩み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175785/14825177

この記事へのトラックバック一覧です: 激戦:

« キタヒメヒラタアブとホソヒメヒラタアブ | トップページ | 地図の悩み »