« リバースリング | トップページ | 小絞りぼけ »

2007年1月 9日 (火)

悪いことは重なるものです?

 今年は、新年早々右手親指の腹側をガラスで深く怪我してしまい、正月休みは細かい作業が全く出来なかった。

 やっと直ったのもつかの間、今度は左手首が痛くてシップしています。捻挫かな?

 綾小路きみまろじゃないが、悪いことは重なるものです(^_^;)

Anasimyia_lineatahokkaido3715_1

図は、北海道産のハナダカマガリモンハナアブAnasimyia lineata (Fabricius,1787)の交尾器です。

以前は、下書き後にパソコンで清書していましたが、ダイレクトにペンで描いてみました。
毛を除いて結構きれいに描けています。


« リバースリング | トップページ | 小絞りぼけ »

コメント

2005年9月に「一寸のハエにも」でハナダカハナアブやキベリアシブトハナアブなど教えていただいたおーやぎです。その節はありがとうございました。今回は
▼「下書き後にパソコンで清書していましたが、ダイレクトにペンで描いてみました。」
-というところですが、パソコンにダイレクトにペンで描いたということなのですか。例えばペンタブレットなどを使って。私はワコムのintuos3で細密画が描けないかと思っているのですが、よろしければお教え下さい。

投稿: おーやぎ | 2007年1月15日 (月) 22時29分

おーやぎ様、御無沙汰しております。

 残念ながら、ローテクです(^_^;)
 下書き無しで、紙に太目のゲルインクで書きました。

 描画装置の下に液晶を置いてみたりしたことも有ったのですが、ダメですね。
そこそこ良かったのは、会社で別の人が使っているインテオス?の液晶タブレットでの写真のトレースです。
さすがに30万ぐらいする液晶タブレットでしたので、しばらくは普通のFavoがバカらしくて使えませんでした。

 私の場合は、絵を描く才能が全く無いので、なぞらなくては描けません。頭の中に細かな形を記憶出来ないようです。したがって、同定にも常に文献と比較標本が必要なのです。
 逆に、ある程度絵が描ける人であれば、Favoでもインテオスでもある程度の絵は描けると思います。

Scientific Illustration Using a ComputerというHPに描き方が載っています。

http://nhm.ku.edu/illustration/index.html

Habitus Drawing on the Computer

投稿: 茨城@市毛 | 2007年1月15日 (月) 22時56分

さっそくのご返事ありがとうございます。描いているところとペン先が異なる場所というのはなんと歯がゆいものと思っていました。また新しい情報ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

投稿: おーやぎ | 2007年1月15日 (月) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175785/13411693

この記事へのトラックバック一覧です: 悪いことは重なるものです?:

« リバースリング | トップページ | 小絞りぼけ »